« シュッフィー、体操教室に行くの巻き | トップページ | 男性諸君、もっとふんばれ! »

2006年5月28日 (日)

東京タワー

話題になっているリリー・フランキーさんの東京タワーを読んだ。最初、著者が日本人かどうかも知らなかった。少し期待して読んだんだけれど、本の帯に、過剰ともいえるくらい書いてあるような感動はおこらなかった。

感動と言うのは自分の生活からかけ離れているものに対して沸き起こる感情ではないだろうか?あの話に感動する人たちは私の目にはすごく恵まれた環境におかれた人たちに映る。「感動しました」「泣きました」?どこに感動するんだろう?女手ひとつで苦労して育てた母親の息子へ愛情?わが身を削ってでも息子に尽くす母の愛?それにこたえる息子の母に対する愛情?泣く?痛み苦しみながらの母の最期に?

親が病気になっても簡単には看病にいけない、たとえ危篤と知らせが入ってもすぐに飛んでいけない、年を取っていくのに一人住まいを余儀なくさせてしまっているetc.自分は親不孝だという罪悪感に苛まれつつ生きている人がどれだけ多いことか。親への愛情が深ければ深いほどその罪悪感の重さは重くなる。

でも、それでも自分で選んだ路だから、わかっていたことだから、ままならない苦しみと言うのは一生自分で背負っていくんだと決めたんだから、誰に泣きつくでもない、慰めを求めるでもない、つらさはすべて自分の胸のうちにしまっておく。あまりにつらくなったら、私はひっそりと野口英世のことを思い浮かべる。母を一人にしてまで異国に研究をしに行ったんだよね。母から帰ってきて欲しいと手紙をもらったときの彼のつらさは想像を絶したと思う。ま、私の場合彼のような偉大な業績を残すために異国にいるのではないんだけどね。

リリーさんは自分のことを愛してくれるご両親がいたし、お母さんが生きていらっしゃるときに親孝行は出来たし、亡き後は自分のお母さんの偉大さをこの世に知らしめ、それをお母さんへの贈り物とし、自分の心の慰めのひとつとすることができたのだからとても幸せです。すごく、すごく。

リリーさん、この世には自分の苦しみ・悲しみを緩和するすべを知らずただただじっと耐えているだけの人が多いのです。自分の思いを言葉にして外に吐き出せる人は幸せですよ。あなたは私が絶大なる嫉妬心を抱くほど恵まれた人です。

|

« シュッフィー、体操教室に行くの巻き | トップページ | 男性諸君、もっとふんばれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー:

« シュッフィー、体操教室に行くの巻き | トップページ | 男性諸君、もっとふんばれ! »