« 女の涙と男の立場 | トップページ | 初の写真アップだぜ。 »

2006年3月28日 (火)

亭主関白道

全国亭主関白協会「亭主関白道」段位認定基準
初心者 初段 買い物に行ったとき、荷物を持つことを断れる人
二段 ゴミ出し、風呂掃除などを断ることができる勇気のある人
三段 意見が2つに分かれたとき、自分の意見を通すことができる人
かなり強い 四段 隣がピアノを買ったとき、うちはピアニカでいいとキッパリ言える人
五段 女房や息子を正座させて説教したことのある人
六段 女房のほっぺたを平手打ちで叩いたことのある人……おおコワ
尊敬に値する 七段 女房と外で待ち合わせをして、2時間遅れて行っても女房が待っていて、なおかつ文句を言わせない人
八段 気にくわないことがあったら、お茶またはおかずなどの載ったちゃぶ台をひっくり返すことのできる人
…すごい 九段 けんかをしたとき、間髪を入れずに、心の中でなく、声に出して「出ていけー!」と言える人
十段 女房に「あなたのような亭主関白は見たことも聞いたこともありません」とお墨付きをもらっている人(女房の署名が必要)

これで、自分が上段者やと、公でいばっている人がいたとしたら、ただのあほやな。

そんでから、これ見て、本気で怒り出すような女性がいるとしたら、それもかなりあほや。

フツーの人やったら、「あほくさぁ~」と一言言って笑いとばしますって、ほんま。

私? いやぁ、最近は日本でもこんなおもろいこと考えて遊ぶ男性が増えてきたんやなぁと思いました。幼稚といえば幼稚やけど、遊び心っちゅうのはいつでも大切やさかい、大いに楽しんでおくんなさい。できればもうちょっとセンスある大人の趣味に興じてほしいんやけど、そこまで期待するのは無理か・・・。

|

« 女の涙と男の立場 | トップページ | 初の写真アップだぜ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亭主関白道:

« 女の涙と男の立場 | トップページ | 初の写真アップだぜ。 »